赤面症を克服しよう!

赤面症を克服しよう!

赤面症を克服しよう!

赤面症は、自分の精神でコントロールしようと思っても、なかなかできないものです。

人前で顔が赤くなるということが、コンプレックスになって人前に出て行けない、という状況になってしまう人もいるのです。

何とか克服したいものですね。

赤面症もあがり症と一緒で、「人に見られている」という意識から、自然と顔が赤くなる、という症状ですよね。

若いときほど、こういう気持ちが強いので、だんだんと無くなっていくということもいえます。

現に私も先生に授業中に指されただけでも、真っ赤、という人でしたが、この赤面症に関しては、だんだんとよくなっていったな、という感覚があります。

赤くなることは恥ずかしくない、それに、人はそれほどこちらを意識していない、注目をあびている、ということはない、誰もが一緒だ、ということを強く心に思ってほしいと思います。

タレントさんやモデルさん、また子役から続けている女優さんも、こういったあがり症や赤面症をどうにかしたい、ということではじめた、という方もいらっしゃいますから、赤面症、ということに心を集中させず、しなければならないことに、集中していきましょう。

でも不安、どうにかしないと生活にも支障が出る、というくらい思い悩んでいる、という方は、自律神経の訓練を受ける、という方法もありますから、一度、心療内科に相談に行くといいですよ。

心療内科も非常に気軽なところです。

心に傷を負いそうだ、という状況になる前に、カウンセリングを受けてみましょう。

心が軽くなりますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional