赤面症の治療を受けよう

赤面症の治療を受けよう

赤面症の治療を受けよう

赤面症の治療は様々なものがあります。

心療内科などによって、カウンセリングを受ける、ということも出来ますし、そういったあがり症、赤面症という方を集めて、グループで一緒に克服していこう、という取り組みやセミナーなども数多く行われているようです。

私の場合は、「経験をすることで強制的に治す!」という荒治療だったと思うのですが、精神的にそういったことも出来ない、という方の場合は、まず、人ごみを毎日歩く、という方法もいいようです。

人が自分のことをそれほど気にしていない、ということを自分の中にしっかり認識させるためです。

また母に言われて実行していたのですが、首元を冷やす、というのも、効いたような気がしますよ。

首を冷やすと、頭がすっきりして、緊張が少しとける、という感じがします。

またおなかに力を入れてみる、ということも言われました。

そういった方法を試してみて、あっこれは効いたぞ!というものが発見できると、次のときにも、同じことをして、だんだんとよくなっていく、ということにもなっていきます。

赤面症もあがり症も、精神的な要素が本当に強いものですから、どうしても赤面症が気になって、人とのお付き合いが怖い、という精神的な強い不安を持っているのであれば、心療内科のカウンセリングを受け、そこで、そういった場面に効く薬を処方していただく、ということも治療、ということで考えておけばいいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional