歯周病と口臭の関係

歯周病と口臭の関係

歯周病と口臭の関係

口臭も、胃から臭ってくるもの、また口の中から臭うもの、というように出所が違います。

病的な口臭、また実際には口臭が発生していない仮性口臭症など、色々なものがありますが、口臭があるという方の8割ぐらいに値する原因として、歯周病が挙げられます。

歯周病は歯磨き粉の宣伝などでもよく聞く言葉ですが、歯と歯肉の隙間に歯周ポケット、というものが形成され、そのポケットが深くなっていくと、講習の原因物質「メチルメルカプタン」といった「揮発性硫化物」が発生してしまうのです。

口臭の特徴的な何ともいえないあの臭いは、この歯周病が原因で発生していることが非常に多いのですね。

食べ物を食べて、胃から発生する臭いとは明らかに違います。

にんにく料理やらっきょうなどを食べると、翌日まで臭いがとれない、といいますが、この場合は、胃から発生している場合がほとんどです。

歯周病の口臭は独特のにおいですから、すぐにわかる、とも言われています。

また歯周病は歯医者さんにいって適切な治療をしっかり受ければ、治っていくものですから、歯医者さんに定期的に検診に行くことをオススメします。

ひどくなると、歯槽膿漏や他の病気の原因ともなりますから、口臭を一つの目安として、しっかり治療していきましょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional