多汗症対策を考えてみよう

多汗症対策を考えてみよう

多汗症対策を考えてみよう

夏の暑い季節は、多汗症でない人も、わきの汗などが気になるものです。

多汗症の方は、一般の方よりもずっと、夏という季節には神経をとがらせなくてはならないのです。

本当に辛いと思います。

では、その症状を少しでも和らげるためには、どのような対策をすればいいのか?考えてみましょう。

多汗症の方の場合、わきの下、手のひら、足の裏、という部分に汗をかきやすい、という特徴があります。

その部分に多量の汗をかくと心配になるのが、臭いですよね。

今は、デオドラント成分の入った汗拭きシートなどがあります。

まずは、こまめにそれを使って汗をふく、また清潔なタオルなどで汗をぬぐう、それから、できればロールオンタイプの制汗剤等によって、臭いが出ないように予防します。

ここで注意したいのが、臭いのある制汗剤ではなく、無香料のものを選択すること。汗の臭いが強い、という方は、臭いの強いものを使用すると、交じり合って悪臭になる事もあるのです。

また靴などを清潔に保ちましょう。

洗えるものはきちんと洗い、洗えないもの、またそういった時間が取れない、という場合は、除菌消臭作用のあるフットスプレーなどを靴の中にかけた後、日向に干しておくと、臭いが軽減されます。

また、イソフラボンは、発汗を抑制する働きがある、ということで、大豆製品をまめにとる、というのもオススメです。

ねっとりした汗をかく、という人には特に、大豆食品、納豆、豆腐、というものがオススメですね。

汗をさらさらにする、という効果が期待できます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional