多汗症の治療を教えて

多汗症の治療を教えて

多汗症の治療を教えて

多汗症になる原因は、その人によって違ってきます。

緊張性のものだったり、病気から来るものだったり、様々です。

そこで、自分がどの症状なのか、ということを見極め、そこから治療を進めていくといいでしょう。

緊張したりストレスを感じる、という時に特に多量の汗をかいてしまう、という場合には、精神療法、という治療法があります。

自分の心としっかり向き合い、なぜ、大きなストレスを感じるようになったのか、またなぜ、緊張がひどくなるのか、ということを根本的に見直す、という方法です。

専門の医師と相談しながら、治療を進めることになります。

内科的な治療もあります。

この場合、処方される薬物は2種類に分けられます。

多汗症である、という不安を無くすための精神安定剤、汗を止めるという役割をする薬、この2種類です。

汗をかくのではないか?という緊張からさらに汗をかいてしまう、という悪循環を止めるのが、精神安定剤になります。

また、汗をかく、という場合に出る物質、アセルリコリンという化学物質を抑制するという薬を使用する場合もあります。

薬物ですから副作用というものもあり、喉が渇く、また胃腸障害を起こすという場合もあります。

医師が指導する中で、正しく使用することが必要です。

このほかにも、ボツリヌス菌を皮下注射して神経を麻痺させる、というボトックス治療や外科的手術という治療方法もあります。

いずれにしても、こういった治療の病院をしっかり決定し、医師のカウンセリングをしっかり受け、納得した上で治療を行う、ということが大切になります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional