多汗症の手術を知りたい

多汗症の手術を知りたい

多汗症の手術を知りたい

多汗症を改善したい、また治したいという方の治療の選択肢として、手術、というものがあります。

それは外科的手術です。

様々な方法が開発されていますが、一般的に行われいているもの、というと、わきがの治療としても用いられる、切除法と剪除法というものがあります。

切除法はアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺というものを全て除去してしまう、という方法になります。

この方法が、多汗症やわきがの手術として一番古い方法となります。

手術ですから、もちろんデメリットもあります。

この切除法の場合、大きな傷跡が残りますし、腕の悪い医師となると、ケロイド状にただれてしまったり、ということになります。

また傷が神経を圧迫し、腕が上げられない、ということになる場合もあります。

この手術を選択する場合には、施術の回数の多い、腕のいい医師を選びましょう。

剪除法は、わきの下をわきのしたのしわにそって4cmほど切り込み、皮膚をめくりアポクリン汗腺を取り除く、という手術です。

この方法も、一つ一つのアポクリン汗腺をとる、というものですから、腕のいい医師に行なってもらうことが大切です。

剪除法の場合には、傷も小さく、わきの下のしわに沿って切りますから、傷が目立たない、というメリットがあります。

腕の確かな医師であれば、確実にアポクリン汗腺を除去できますから、一番オススメする方法として、医師から説明をされる、ということがあるようです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional