多汗症の原因って何?

多汗症の原因って何?

多汗症の原因って何?

多汗症は、人と触れ合うことができなくなってしまうくらい、深い悩みを産むものです。

では、この多汗症、という症状は、なぜ起きてしまうのでしょうか。

原因について考えていきましょう。

多汗症のはっきりした原因というものは、残念ながら特定されていないのです。

ですが、多汗症と呼ばれる方々が抱えている原因らしきもの、なぜなるのか、という精神的、肉体的特長を考えてみると、いくつかの事が出てきます。

一つは精神的緊張、ストレスです。

ストレスを感じたり、不安になったり、緊張したりという時に、胃が痛くなったり心臓がドキドキしますよね。

それと同じように、多汗症の方々の症状が、汗というものなのですね。

ストレスを感じる、緊張する、という、私たちがどうあがいても制御不能な神経、自律神経のうちの交感神経の働きがぐっと強くなると、その働きによって、汗が出る、という仕組みです。

多汗症の方々はこの作用が強いのではないか、といわれています。

また何かの病気が考えられる場合もあります。

内分泌異常、代謝異常、中枢神経、循環器系といったものの疾患によって、多汗症という症状になることがあります。

ただ、この場合は部分的に汗が出る、ということではなく、全身から汗が噴出す、という感じだということを覚えておきましょう。

ほかにも、自律神経の関係するホルモンバランスが崩れることによって、体温調節がうまくできなくなり、多汗症になるということ、また更年期障害によって黄体ホルモン等のバランスが崩れ、交感神経が強く働くようになってしまうと、体温調節がうまく出来ず、多汗症になる、とも言われています。

食生活、遺伝、嗜好品、肥満、このような原因も多くあげられていますが、根本的に多汗症というものがどのような原因によっておこるのか、ということはわかっていないのです。

ただ、以上の様なことが原因であることが多い、ということはわかっています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional