わきがの悩みは深刻なのです

わきがの悩みは深刻なのです

わきがの悩みは深刻なのです

わきがは、本当に辛い悩みのようです。

私の友人にもわきがの方がいますが、彼女も、わきがを指摘されてからというもの、本当に外に出るのも嫌だった、といいます。

学生の時分から彼女がわきがということは、周りの人間誰もがわかっていたのです。

多分、お母さんやお父さんも。

ですが、女の子ということもあり、なかなか言い出せなかったようです。

でも、身内が言ってあげるべきでしたね。

対策を一緒に考えてあげるべきでした。

社会人になり、新人研修を受けにいったときのことのようです。

同僚となる男性に「おまえくさいな。わきがかよ」という辛辣な言葉を浴びせられてしまったのです。

まさか自分がわきがだなんて気がついていなかった彼女は、そのまま家に帰ってきてしまいました。

仕事にも行けず、結局せっかくの就職も不意にしてしまい、家に閉じこもってしまったのです。

彼女の事が心配で、様子を見に行った私に彼女がはなった言葉は、「どうして言ってくれなかったの!」という言葉だったのです。

彼女に詫びると同時に、一緒にわきがのこと、色々調べて対策を練ろうよ、きっと何かできることがあるよ、と一生懸命説き伏せたのです。

しばらくは何もできなかった彼女ですが、くよくよしていても仕方ない、何かいい治療法はないか?と探し始めたのですね。

わきがは多分、この悩みを持っている人にしか苦しみは解らないかもしれないです。

それほど、深刻で、心に深い傷を負うこともあるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional