わきがの代表的な手術

わきがの代表的な手術

わきがの代表的な手術

最近では、多くの治療法が開発され、たくさんの方法が行われていますが、以前からある効果の高い手術、というと、剪除法と切除法があります。

どちらも、熟練した医師が施術するのが好ましい手術ということになりますが、わきがへの効果が高い方法として以前から行われています。

まず、剪除法です。

わきの下に切り込みをいれて、皮膚を裏返し、そこからアポクリン汗腺を一つずつ丁寧に取り去っていく、という手術です。

傷跡は残ります。

ただ、切除法よりも、皮膚の引きつれというものがない、という特徴もあります。

この剪除法では、手術の後にしっかり皮膚がつくということが非常に大切になります。

くっつかないと、皮膚が「壊死」してしまう、という恐れがあるのです。

腕のいい医師が必要、また患者さんも、ある程度の時間がかかるな、という考えが必要な施術となります。

切除法は、わきがの手術として、一番古くから行われいてる手術、といっていいでしょう。

わきの下、毛の生えている部分の皮膚を全部切り取るという方法になります。

皮膚を全部切り取ることによって、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺、わき毛、においの元になる部分を全部排除する、という少々強引なやり方です。

こういった方法ですから、傷跡はかなり大きく残ります。

完治までに時間もかかる、また個人個人でのちの後遺症が残る、ということも言われています。

リスクが大きいと感じますよね。

最近では、レーザーを使用した手術や皮下組織療法というわきが手術も多く行われています。

いずれにしても、医師にしっかりとしたカウンセリングをしてもらってから、手術をするようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional