あがり症は緊張から?

あがり症は緊張から?

あがり症は緊張から?

人の前で話をする、それが例え3人でも5人でも100人でも一緒です。

しっかり話をしなくては、と思えば思うほど、声が震えて、泣きそうな声に聞こえてしまいます。

あがり症の方の場合、私を含めて、緊張という場面で極度に発生する、ということがあります。

大勢の前での発表会、会社での会議、運動会、音楽会・・様々な緊張の場面があります。

そういったときに、足が人にわかるくらい震える、口が旨く動かない、声がうまくでない、涙が出そうになる・・こういった症状が出てしまいます。

何かの発表会でも、練習ではあれほどしっかり出来るのに、その成果を発揮することができない。

お友達に迷惑をかけると思えば思うほど、どんどん緊張の度合いが強くなって、気を失いそうになるくらい、あがってしまう、気持ち悪くなる、ということさえあるのです。

ああ、緊張した!というくらいの緊張ならいいのですが、あがり症の人の場合、「もう二度とこんな思いをしたくない」と強く感じ、そういった場面から逃げてしまう傾向にあります。

つまり緊張に耐えられないまま、局面から逃げる生活をしてしまう、ということです。

緊張する状況、ストレスを感じる状況から、あがり症がひどくなる、これは私自身の経験からも、言えることだと思っています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional