あがり症と赤面症

あがり症と赤面症

あがり症と赤面症

あがり症と赤面症は、緊張する、ということ、また恥ずかしいことにあった、という気持ちから起こるものです。

人前に出ると、顔が真っ赤になってしまい、自分ではなんとかしたい、と思っても、どうにもならないものです。

赤くなっているときに、自分の頬がかーっとほてっているような感じがわかるから、余計に赤面状態がひどくなっていくのですよね。

何とかしたい!という症状です。

特に、人前でも、異性の前で真っ赤になってしまってからかいの対象になる、ということもあります。

その真っ赤な顔を隠したい!と思うと、挙動不審状態になってしまったりもして、本当に厄介です。

あがり症も赤面症も明らかに、人に「あがっている」ということが伝わってしまう、というところが困る部分ですよね。

あがっていて、ドキドキしていても、相手に伝わる事がなければ、いずれか克服できる、と思うのですけど、声が極度に震えたり、真っ赤になる赤面症の場合、相手に確かに緊張が伝わってしまいますから。

人に赤面症を見られている、ということが、よりその状況をひどくする、ということもありますから、あがり症にしても赤面症にしても、本当に何とか克服したいと思っている方は多いと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional